メニューを表示

著作権・肖像権におけるガイドライン

著作権ガイドライン・イラスト
著作権ガイドライン・イラスト
今や、高速で大容量のデータも扱うことが簡単な時代になりました。画像ファイルについても著作権や肖像権の扱いには十分注意を払う必要があります。

当サイトは、お客様の画像ファイルを扱ったサービスをご提供するにあたり、画像の内容について一定のガイドラインを設けて運営させて頂いております。画像の内容によってはプリントをお断りさせていただく場合もございます。

画像制作、編集する際には十分お気を付け下さいますよう、お願い申し上げます。

以下の内容と当サイトが判断した場合は、プリントをお断り致します。

1)他人の肖像権または、著作権を侵害するような内容であると判断した場合。
2)アイコラ、ヌードなどの低俗な内容であると判断した場合。
3)メーカー、ブランドの柄やロゴのコピー、類似する内容であると判断した場合。
4)上記1、2、3以外に不適切な内容であると当サイトが判断した場合。




1)他人の肖像権または、著作権を侵害するような内容であると判断した場合


当サイトは個人・法人を対象としたプリントサービスです。アニメーションや漫画等のキャラクターをスキャナー等で取り込んだものや、WEBからダウンロードした画像のプリントはお引き受けできません。(お客様ご自身の作風・絵柄・タッチで、手描もしくは直接パソコンで描いたキャラクターの場合などは除く。)

お客様の個人利用が目的であっても、キャラクター等の著作権は原作者または管理している出版社等が所有していると考えております。著名人やタレントの画像等もお断りさせていただきます。これも所属する事務所、出版社、カメラマン等の知的所有権と考えておりますのでプリントを施し商品としてお届けすることはできません。インターネット上のサービスでも市場に出回っている商品の偽造行為にあたると考えております。

作家様本人、法人様などで著作権・肖像権・版権等をお持ちのお客様は該当いたしません。



2)アイコラ、ヌードなどの低俗な内容であると判断した場合


顔と体を替えて合成した画像、いわゆるアイドルコラージュ画像や低俗な内容の画像はプリントしてお届けすることができません。そのような個人の意図に反して編集された画像や肖像権を著しく侵害する内容はお断りさせていただきます。




3)メーカー、ブランドの柄やロゴのコピー、類似する内容であると判断した場合


当サイトはアパレルメーカーやインテリアメーカーなど、法人様からの取引もあります。特にテキスタイル(生地の柄)については注意を払ってテキスタイル柄のプリントを行っております。個人の依頼であっても、有名メーカーのバックに使われている柄やロゴなどはプリントすることはできません。色やサイズをアレンジした画像でもお断りする場合がございます。商標登録されている文字やデザインされたロゴなどは各メーカーが管理しています。これはブランドイメージを侵害する行為にあたると考えております。



4)上記1、2、3以外に不適切な内容であると判断した場合


個人依頼において、生地のプリントサービスを運営させていただいた所、稀に上記のケースに該当する画像があり、お断りさせていただいた事もございます。お客様のご用意しているデータが該当するのかご心配な場合は、事前に当サイトにサンプル画像をメール添付でお問い合わせください。今後も上記のガイドラインに基づいて運営、お断りさせていただく場合は非常に稀なケースというのが現状です。

法人依頼については上記ガイドラインは適用外として運営させていただきます。出版社・広告代理店等、著作権や肖像権を有する企業からの取引も行っております。著作権を所有している、または承諾を得ているという場合は適用外になります。

非常に稀なケースですが、下記のような形でお断りさせていただく事がございます。



Q:インターネットでタレント(キャラクター)の壁紙をダウンロードしました。マウスパッドを注文したいのですが。
A:インターネットで壁紙を無料で配信されているサイトは、パソコンの壁紙という使用目的にのみ限定されている場合の素材です。また、市場に販売されている商品の模倣品になる場合がございます。実際に商品にすることは出来ません。



Q:ネット上で拾った画像を他のサイトではプリントできたのに、どうしてこのサイトではプリントしてくれないのでしょうか?
A:ネットからダウンロードした画像は、お客様ののオリジナル作品ではありません。要するに著作権をお客様が所有していないということでお断りします。業界全体での著作権の取り扱いは曖昧で、特にインターネット上の画像の取扱いには非常に注意する必要があります。当サイトはあくまで上記のようなガイドラインに基づき運営させていただきますので、ご理解のほどお願い致します。



上記ガイドラインは読むと厳しいと感じるかもしれません。画像編集もある程度のスキルが必要です。自分で作ったオリジナルであること、自分で作ったことの付加価値をご理解していただいて自信を持って制作してください。そしてモノ作りの過程を楽しんで下さい。素敵な柄・テキスタイル・写真等お待ちしております。